短歌読みます、うたあつめ。

拝見した短歌への、返歌や感想を書く、公開ファンレターです。

RE:清水ここに @shimizu_kokoni さん

RE 悲しみは水に溶けます飲み込めば君の気持ちがわかるだろうか

悲しみは水に溶けます飲み込めば君の気持ちがわかるだろうか — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年8月1日 想いとか心、あるいは恋歌。清水さんワールドは、言うに言えない何かをスパッと言葉でつかまえて、そっと見せてくれる気がします。 悲しみが水に溶…

RE 辛いならわたしを好きになればいい沈丁花の実は食べられないよ

辛いならわたしを好きになればいい沈丁花の実は食べられないよ — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年7月17日 これはっ。 日常に忙殺され、自分のアカウント開けない日が続き、短歌と向き合う余裕もぜんぜんなくて、せめて友達の短歌とか、ふじ子さんからの…

RE クーラーが部屋の重力上げていく 正しい夏をいつも忘れる

クーラーが部屋の重力上げていく 正しい夏をいつも忘れる #短歌 #tanka — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年7月14日 毎年毎年毎年毎年、今年の夏は暑いねって言い続けてる気がします。 今年の夏はヤバイねと言いたいです。 ちょっとズタボロでして、いや…

RE いないと死んじゃうくらい弱くなりたかった腕とか折れて欲しいな

片思いを拗らせて2年経ちました #短歌 #tanka pic.twitter.com/yG3iOthzOv — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年6月29日 もらい泣きなのか、遠い昔の片思いの記憶が刺激されたのか分からないけど、「共振」するくらい、強い作品だと思いました。 想ってる…

RE 「本当に平等な世だと思います?」洗濯ばさみに尋ねられる午後

「本当に平等な世だと思います?」洗濯ばさみに尋ねられる午後 — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年7月7日 洗濯ばさみに、何があったのでしょうか。 「本当に平等な世だと思います?」という問いって、内容はもちろん大切な問いですけど、誰が問うたかも大…

RE 嫌いだし死んだら良いと思ってるあいつを君が好きというから

嫌いだし死んだら良いと思ってるあいつを君が好きというから — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年6月19日 この作品、とてもかわいくないですか? 程度問題なのですけど、焼き餅焼いてくれるパートナーとか、若干束縛入る人の方が人間らしくていいかなと思…

RE 枯らしたと思った枝から芽吹いてた たくさん人を傷つけたけど

枯らしたと思った枝から芽吹いてた たくさん人を傷つけたけど — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年6月6日 枯れちゃったかなと思いつつ、水をあげたり、日当たり気をつけたり、肥料をあげたり、世話をしつづけて、だんだん回復して新芽をつけてくれると、…

RE 思い出すことは何もない故郷には海はなかった なかったのにな

海なし県出身の人間が最近ぱっと思い立って海に行ってきたときの連作です #短歌 #tanka pic.twitter.com/SL6YiKzdwM — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年6月1日 連作「ない思い出が懐かしい」を拝読しました。 連日公開ファンレター書いてます。お恥ずか…

RE 人間に賞味期限はありますか いつまで僕は僕なんですか

人間に賞味期限はありますか いつまで僕は僕なんですか #短歌 #tanka — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月31日 大人になった日が、くっきり線引されていないように、少しずつ少しずつ成長あるいは変化して歳を重ねていくものですよね。年を取れば、出…

RE 星空はまぶたの裏にならあって君もまぶたの裏にならいる

星空はまぶたの裏にならあって君もまぶたの裏にならいる — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月28日 とても綺麗だと感じました。 恋愛小説とかミステリなどのエピグラフにあっても不思議がないかなって思います。 「裏にならあって」「裏にならいる」と…

RE 泣いている君から夜を受け取ってここは星すらない街と知る

泣いている君から夜を受け取ってここは星すらない街と知る #短歌 #tanka — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月24日 「夜を受け取って」にとても惹かれました。 「泣いてる君」がいたとして、慰めたい人もいれば、悲しみに巻き込まれて憂鬱になる人もい…

RE 左手に君が噛み付いた痕がある痛かったけど噛まれてよかった

昔飼ってた犬が死んじゃった時のことを思い出してました #短歌 #tanka pic.twitter.com/i5xXk14rg8 — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月13日 連作「まんまるないのち」を拝読しました。 看取った犬と猫のことを思い出しました。幼い頃から一緒に暮らし…

RE 誰もいないのになんとなく遅くには帰れない誰もいないのにな

一人暮らしを始めて1ヶ月たった人間の連作です #短歌 #tanka pic.twitter.com/yjxc5ScBzm — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月10日 連作「ひとりぐらせない」を拝読しました。褒め言葉のつもりなのですけど、虚無感みたいなもの、虚しさかもしれないけ…

RE スカイブルー君が溶けてたマリンブルーどっちの青に君はいますか

スカイブルー君が溶けてたマリンブルーどっちの青に君はいますか — 清水ここに (@shimizu_kokoni) 2018年5月18日 爽やかで、イメージするのも楽しいですし、「君」を想う距離感が、近過ぎず遠すぎず、程よい距離に感じられました。 もしかしたら、別れて何年…