短歌読みます、うたあつめ。

拝見した短歌への、返歌や感想を書く、公開ファンレターです。

RE: 短歌短歌

RE ちょっとだけきゅうくつだけどこれでいい それは「で」が「が」を上回るとき(*´ω`*)

tanka.sblo.jp おはようございます。 最近、食生活と生活習慣を見直して、食物繊維とタンパク質を少し増やし、運動を入れました。ジムに通うのが効果的なのですけど、私はウォーキングが好きなので、音楽とウォーキングで削っています。 結果、朝の街も夜の…

RE このひとはこの草むらに何をみて この草むらを何とよぶのか

友人に挨拶したくて、10年ぶりくらいかな? 渋谷行きました。 加齢臭とか心配したくなる、いい年のおっさんなんですけど、まして外資アパレルのイベントですから緊張しますよねえ。おうち帰りたいですねえ。 渋谷の交差点の隅っこで膝を抱えて路頭に迷うまで…

RE 背景は下がる気温とあべこべに ひとつひとつが鮮明になる

湿度が下がるからかな? なんていうと、ぼんさんに説教食らう気がします。こんばんは。 「blog更新間に合わないから音声ファイルだけ公開したよ」 「ありがとう。聞いてみるね」「聞いたよ」「更新しといた」← や、こつこつ自分のペース維持してて尊敬するけ…

RE 短歌短歌206→208

tanka.sblo.jp Just LOVE アーティスト: 西野 カナ 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc. 発売日: 2016/07/13 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る 西野カナといえば、たまたまこれ聞いてました。 表現力高いよなあ、支持されるよな…

RE 聞こえたり聞こえなかったりする部屋の 虫の鳴く声水道の音

tanka.sblo.jp よく部屋に一人寝転がっていると、聞こえてくる音が段々限られてきますね。私の場合、部屋に居ると聞こえてくるのは虫の鳴き声と上下水道の音が多いですね。 言われてみれば!! 無音になって、その無音が心地よいときと、重苦しい時ってないで…

RE 点線のデザインへ向け傘を差す 人と擦れあう道でかたむけ

tanka.sblo.jp 雨に濡れて歩くのも楽しい。 や、ぼんさんの作品に意見したいわけではなくて、たまたま雨を楽しんでるお写真があったので掲載しました。うん。 「点線のデザイン」と雨を表現するの個性的です。 ぼんさんの「目」を通すと、世界の見え方が変わ…

RE やわらかな時間をすごし帰宅して 今日着た服が特別になる

tanka.sblo.jp 「それな」だけで終了したら、ぼんさんに叱られそうだなあ。 blogを春から読んできた者としては、シャイなぼんさんが新しい挑戦されたと拍手しています。というのは、彼は理知的で強さは外に出さないダンディさがあるけど、男というより「漢」…

RE 治らないことを解らないバカのためもう一回だけゴロゴロと鳴く

さすがに、173から197まで50ちょっとかけて話してますので、全てにリンク貼ると読みにくいです。そこで一つだけ、これは巧拙とか優劣ではなくて、ぼんさんの言葉自体に触れて欲しいという心からのお願いで、リンクを貼ります。 一つの歌に、優しさも悲しさも…

RE短歌短歌165→172

音声ファイルでの更新第二弾です。 「聞きにくい」 「時間が長い」「いや短い」 などなど、ご要望ご感想あるかと思いますが、あの、現状これが精一杯なので、生暖かい目で許してやって下さい。原稿用意せず、「鑑賞モード」で撮ってます。なので、聴き直すと…

RE短歌短歌160→164

tanka.sblo.jp tanka.sblo.jp tanka.sblo.jp tanka.sblo.jp tanka.sblo.jp コメント プライベートがバタバタしていて更新が追いつかなくなりました。更に、今後もっとバタバタする可能性があります。というわけで、試験的ですが、「音声ファイル」を使った公…

RE 虫の音は止まない夏の道脇に 冷たい霧を漂わせる人

tanka.sblo.jp この作品は、ぼんさんのblogの記事もぜひぜひ読んで下さい。 理由はネタバレになるから言えない。 ぼんさんはリアルの友人です。彼の知性と感性と謙虚さを尊敬しています。 普通にアーティストだと思ってる。どんなにカッコイイ男か書き出すと…

RE 窓の外しばし眺める扇風機

tanka.sblo.jp 俳句俳句じゃないですか!(※ぼんさんのblogは「短歌短歌」なので)。 あたかも、外を眺めているようだね。という受け止めもいいですが、きの俳句の魅力は「しばし」の使い方かなと思いました。扇風機は首をふりますよね。もしかしたらゆっくり…

RE 図書館の書籍をめぐり棚めぐり 扉ひらくと蝉の鳴く声

tanka.sblo.jp 図書館デートは好きですか? どういう書き出しだ。はい。 ちなみに、僕はすごく好きです。どう楽しいかを語りだすと、どう考えてもうざいので、ぼんさんの作品に戻りますね。 でも、想像してみて下さい。まあ、僕が図書館好き過ぎるとか、本が…

RE 締め切った冷たい部屋の戸を開き 温風を連れ子供が入る

tanka.sblo.jp この暑いのによく外いくよねとか、子ども自体が熱を帯びてるよねとか、むわっとした空気が入ってくるよねとか、うんうんと頷いて拝見しました。 なんなんでしょうこの猛暑は。涼しい土地で暮らす友達に、「こっちは日向が40度くらいいく感じで…

RE 陽が道に写す私のりんかくと ある建物のそれが交わる

tanka.sblo.jp 夕暮れの街を僕らは何を見て歩いていますか。 夕ご飯何にしようかなとか、待っている人や、自分が待ちたい人の顔を思い浮かべて、足早に通り過ぎているかもしれませんよね。 でも、そうではなくて、足を止めて綺麗な西日だなとか、あの雲が好…

RE また同じ空間に居る私と 彼女は二度をふたたびと読む

tanka.sblo.jp ぼんさんは、表現力豊かな人ですがTPOにあわせることができます。 つまり、男として普通に寡黙でいられる人です。集中して静けさをまとう彼は、友人の贔屓目を差し引いても男ぶりが上がります。 彼は極めて論理的思考力が高い人なので、「それ…

RE 成分は同じだけれど色のない 低い空まで手をのばす朝

tanka.sblo.jp 空はどこから空なのでしょうか。 雲と濃霧の何が違うのでしょうか。 もちろん、定義はあるでしょうし違いもありますよね。 でも、幼い日、そうですね幼稚園くらいでしょうか、下手すると地球が丸いという概念も、大気の層は地球レベルで見ると…

RE うたたねしたたくつぶてをかぞえてる けたをとんだりまきもどったり

tanka.sblo.jp 雨音、心地いいですよね。 作品を全て平仮名にされたことも効果的だと感じます。 ことに、「けたをとんだりまきもどったり」が、私にはリアルに感じられます。 雨が降っていて、それは心地の良い雨音で、うとうとしてしまうわけですが、無意識…

RE 台風のかすめる沖にほどかれた 風は私を砂へ届ける

tanka.sblo.jp 台風。気圧湿度寒暖の差、交通網の混乱等、鬱陶しい印象を抱いてしまいます。 でも、視点を変えれば、待ちに待った台風という方もいるわけですよね。 まず、着想の出発点が自由だと思いました。 そして風が砂を私に届けるなら、「風つよいよね…

RE 大小の万葉集の積み木から 私にも合う木を探してる

tanka.sblo.jp この作品は、リアルのぼんさんを知っていると、胸により刺さるものがあります。 彼のblogをご覧頂ければ分かるのですが、彼はバイリンガルです。しかも、それは彼のごく一部であって、彼の強みや専門性は他にあります。 何が言いたいかと言う…

RE 暗闇のメガネを探すようにして 私は人と関わっていく

tanka.sblo.jp 目が悪いので、メガネを暗闇で探すことは、心細さを伴います。 手探りです。 ぼんさんにとっての暗闇とメガネの関係は分からないけれど、彼は強いハートの持ち主ですから、心細さとは違う何かかもしれないですが、「手探り」なのは共通するか…

RE 真夏には赤道からは程遠い この町の陽も真上に昇る

tanka.sblo.jp 太陽どころか人工衛星からだってこんな風には見えないでしょうけど。 赤道から遠いことと、僕らの真上に太陽が登ることを、疑問に思ったことなかった。幼い頃は、赤道には赤い道があるのかなって思ってた気はします。 星座の絵本を見て、プラ…

RE すべり込む日を掃き出して映し出す プロジェクターに外国の花

tanka.sblo.jp お。 ぼんさんのおうちの秘密公開ですか。 プロジェクターは、いいですよねえ。TV見ないし映画館も行かなくて、そもそも動画コンテンツをあまり見ない。そんな私でも、「何この快適空間」って思います。 テレビゲームをやる気力も無いのは災害…

RE 黒ずんだふたつの壁と天井の まじわる点に吸盤をふれ

tanka.sblo.jp 言われてみれば、立体の「角」とか「隅」って直角が集まって出来てますよね。 ふだん意識しないけど。 そこをどう感じるかが、ぼんさんワールドだと思いました。 私はたまに「あ、このアングルで写真撮りたい」と感じる「まじわる点」はありま…

RE 公園のチョコレートの土の上 脱ぎ捨てられた薄いカラメル

tanka.sblo.jp なるほど。土の色からチョコを思うことも、セミの抜け殻からカラメルを連想することもあるけれど、両方をセットにするのがいいなあ。 ぼんさん多才だから、うっかりすると作れそうで恐ろしい。 美味しいデザートとか。 返歌 公園のチョコレー…

RE 空き缶の横たわる部屋網戸には 細かい虫が息絶えている

tanka.sblo.jp ぼんさんの光の感じ方が興味深いです。私には無い感覚ですね。 空き缶が「散らばる」部屋ではなく「横たわる」で準備して、「息絶えている」につながるのですね。 命の有無ではなく、空き缶と細かい虫が同じような重さで扱われているように感…

RE 節制を極めた体(てい)の(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤ顔で 手に取るTEPCOの検針票

tanka.sblo.jp 節電してますか? ちなみに、今日の一首のように節制を極めた体で東電の検針票を確認した私は、案外ふつうの金額だったことにショックを受けました(笑) できるならとっくに開発されてますが、雷を充電できたとしたら、スマホ何台充電できるので…

RE また別の壁に面する窓で知る そこまで伸びる花の匂いを

tanka.sblo.jp ヘクソカズラもすごい名前つけられちゃいましたね。誰だよ名前つけたの。 花の生態的には、何か意味のある臭いなのでしょうね。悪臭というと、ゲームが好きな私はFFのモルボルを思い出します。あれが壁にはりついてて「よっ」て言われたら困り…

RE 冷房もあまり利かない部屋だけど 涼みにきてよ僕のすみかへ

tanka.sblo.jp ぼんさんは、友人を頭に歌ってるのですが、これ、「君」に対して歌ってるとも受け取れますよね。「暑い」って言われて素直に冷房いれちゃったりして。 それはさておき。 彼の深い知性と感性に惹かれる仲間は、彼の抱える「静けさ」があるから…

RE いくつかの層にわかれる空のうち どれが好きかな私はどれも

tanka.sblo.jp 空がカクテルみたいに感じられる作品ですね。 イメージが美しい他に、「私」が登場したことが、珍しいと思います。 受け止め方としては、主体が「私はどれも」かもしれないし、「どれが好きかな」「私はどれも」という二人の会話にも見えます…