短歌読みます、うたあつめ。

拝見した短歌への、返歌や感想を書く、公開ファンレターです。

RE 建物に陽はぼんやりと明るみを 少し冷たい光を当てる

tanka.sblo.jp

理屈で言えば、太陽の光が当たる部分は当たった分だけ温まってるはずなんですよね。北極だろうが火星だろうが。

 

でもそうじゃなくて、春夏秋冬の光と温もりを感じ取ると、たしかに「少し冷たい光」ってあると思う。それは人工の光とどう違うのかとか、月の光とどう違うのかを説明するよりも、感じ取るものなのでしょう。

 

ぼんさんのblog本文に書かれた部分は、感受性や表現したいことの解像度が上がった結果かもしれないなあと思わされました。