短歌読みます、うたあつめ。

拝見した短歌への、返歌や感想を書く、公開ファンレターです。

RE あいつとの写真を燃やす すみません火事じゃないですお帰りください

「何事もなく一日を終えたから」ではないのですね。「終えるべく」。

「星に願いを」で済まさず、セットで「肉に胡椒を」がついてくるのが良いですね。

美味しいもの食べるの大事ですよね。

「星に願いを肉に胡椒を」の部分が、とても好きです。これ、普通に言われたら、ええええって思うかもしれない。

あるいは、その通りだね、いつもの店行こうかってなるかもしれない。

肉、大事です。

 

買ってきたジャンプ先に読まれちゃうとか、頑張って憧れの車を買ったら近所の子がボールぶつけて跡がついたとか、色んなツイてないことってあります。

でも、この作品はスケール凄いですよね。

よりによって、隕石が降るほどの確率で問題が起きるなんて!

よりによって、こんなことで強運を使ってしまうなんて!

そんなユーモアが楽しい作品ですね。

 

これ、一言で言うと「見世物じゃないんで、放っておいて」という話ですよね。

今はスマホなどから簡単に消去できますが、「燃やす」というアナログ感がいいです。ときどき泣きながら、思いつめた様子で、スマホの写真消してるだけなら、火事だとは思いませんよね。

切り取られた情景自体もユニークですけど、「あるある」って共感できるなら、その人にとっての写真・燃やす・火事が出てくるかもしれませんね。

「あいつとの写真を燃やす」けれども、「すみません火事じゃないですお帰りください」と言えるのが、曰さんワールドだと思いました。

情熱的なんだけど、冷静。気持に溺れることをされていない。

かっこいいです。

 

返歌

今月は肉の売上悪すぎる星に願いを肉に胡椒を

 

隕石が当たったことで運ばれて貫通しててすごく痛いの

 

あいつとの写真は燃やすヤツだけ燃えろみんなお願い