短歌読みます、うたあつめ。

拝見した短歌への、返歌や感想を書く、公開ファンレターです。

RE 完璧な日の収束を計画し 入浴剤の溶けるのを待つ

tanka.sblo.jp

I plan the perfect end
To this long day,
Watching the bath salt
Melt away.

ぼんさんは、一つのアイデアに対して、「英訳」ではなく、日本語は日本語で短歌に、英語は英語でポエムに、という書き方をされています。僕はこの英詩が好きで、Tシャツとかジャージ、あるいはカバンでもいいかな、グッズ化してくれたらなあと思うことがあります。

あ、横道にそれましたね。

私は、たまにですが自分へのご褒美として「完璧な料理」「完璧なお風呂」というのを用意することがあります。「完璧な料理」の場合は、自分が今一番食べたい料理を、一番食べたい味付け・盛り方で、自分だけのために作るというのがこだわりです。完璧なお風呂についても同様で、自分が今一番入りたい入浴剤というのを用意して、一番入りたいお湯の量と湯加減を狙ってお風呂をためます。すごく疲れたときなどは、このようにして一日の終わりにご褒美を計画して締めくくる、というのがマイブームです。

引用すべきはこちらでした。

完璧も絶対も存在しないでしょうって思ってたら、ぼんさんちにありました。なるほど、そういう表現いいですよね。ぼんさんの、暮らしに対する丁寧な手のかけかたが、短歌の不思議なリアリティにも通じるのでしょうね。

 

返歌

完璧な日の収束になるはずがバルサミコ酢が無くて泣いてる

 

ほぼほぼに満足できる日が終わり僕の電源そろそろ落ちる

 

バスタブに入浴剤が溶けていく「溶けちゃいました」不満げな君